パチンコ中毒だった未成年が年収6億円稼ぐプロモーターと出会って人生激変した話

初めまして、しょーとです。

この記事では、僕の自己紹介も兼ねて、

未成年ながらパチンコにどハマりし、
負けまくった時は絶望感で溢れ自殺が頭の中でよぎり
ボロボロの状態だった時、

副業としてネットビジネスに挑戦していたら、
年収6億円を稼ぐMさんに出会って、
今では本気で年収1億円を目指している僕の物語です。

この記事を読む前と、最後まで読んだ後では
確実に、世界の見え方が変わります。

特にわかりやすく、見え方が変わるのは、
日々の生活の中で「仕掛けられている」
ということに気づくかなと思います。

「あ〜!この商品、
こんな仕掛けけがあったから買ってしまったのね!」
という「仕掛けける側の視点」が見えるようになる。

で、これだけ聞くと、
仕掛けられている?????
は??ネットビジネス??
胡散臭すぎるわww

って思う方が大半かと思われます。

まあそう思うのが正常です。

僕自身もネットビジネスを
深く勉強するまでは、

ネットで稼ぐとか詐欺師やんけww
真面目に働け。w
って思ってましたし、

そういう世界やそういう人とは関わらないでおこう。
と決め込んでいたタイプの人間でした。

なぜ、僕はそう考えていたのか?

というと、
僕は、ネットビジネスのことを
なーーーんにも知らなかったからです。

「ネットで稼ぐ」ということ自体、

僕には経験がなかったことだし、
今まで生きてきた中での常識外だし、
稼げる構造も仕組みも訳わからん状態です。

やっぱ、人間は新しい価値観や
知らない世界を否定する生き物なので、

僕も例外なく、
ネットビジネスという未知の世界を
無意識に警戒して、否定してきました。

↑おそらく、この記事を読んでいる方は
今、この状態の人が多いかと思われます。

しかし、未知の世界だから知らないままでいい
という考え方は非常にもったいない考え方だと思います。

ていうか、ネットビジネスを
マジでもっと早くやり始めればよかったなと
心の底から思っています。

 

そんなわけで、

ネットビジネスを疑っていたしょーとが
どんな葛藤を経て、
ネットビジネスに挑戦し始めたのか?

パチンコ中毒に陥り、人生に絶望を感じ、
知識も経験も人脈も全くのゼロの状態から
どんな風に年収6億円を稼ぐMさんに出会ったのか?
そこから人生がどう変わっていったのか?

この過程を時系列で、
物語としてまとめてみました。

 

では、本題に入る前にサクッと箇条書きで
現在のしょーとの紹介をしておきます。

・現在は22歳で、Mさんと同じく、
プロモーターとして商品販売のプロデュースをしている。

・ネット環境さえあれば、カフェでも
旅行先でも移動中でも仕事ができる。

・給料制ではないので、収入に天井はない。
自分のスキルを強化した分、収入UPする。

・今までの人生とは違う価値観に出会ったので
毎日が刺激的で楽しい。

日常生活を送っているだけでビジネスアイディアが
思いつくようになる。

・行動力が身に付き、1人で初海外旅行へ!

・Mさんからビジネスを学びまくる。(現在進行)

年収3億円を不労で稼ぐ経営者世界を旅する起業家など
本物の成功者からもビジネスを学ぶ。

 

今の僕はこんな感じです。

で、これだと親近感を1ミリも
感じないと思いますが、昔の僕はこんな感じでした。↓

・周りには田んぼと畑しかなく、宮城県民に聞いても「へ?そこどこ?w」と聞かれるような宮城の小さな田舎町の出身。
・小さい時から自己主張ができない
・自分の言いたいことを我慢し、他人に合わせる生活を送り、本当の自分とは何か?考え続けていた
・工業高卒で社会人になりパチンコにどハマり。
・職場では自分の将来に期待が持てず、プライベートも充実しない真っ暗闇人生を送っていた
・つまらない人生にさよならバイバイ(自殺)しようかとも考えた。
・行動力なし、金なし、貧乏、コミュ障、自信なしのコンプレックスの塊だった。

 

と言う感じで、
コンプレックスやら劣等感やらで
悔しい思いや、苦しい思いをした時期もありましたが、
おかげさまで今では最初に書いたような
日々成長できる楽しい人生を送っています。

僕は別に天才でもなければ
才能もない至って普通の人間です。

むしろ、一時期パチンコに走ってしまって
金無し貧乏ダメ人間になってしまったので、
もしかしたら普通以下かもしれません。

そんな僕でも、ネットを使いこなせば
年収1億円もガチでいけると思ってますし、

そこに到達するための
具体的戦略があるので目指してるだけです。

では、
僕がなぜパチンコ中毒、人生に絶望していた状態から
ビジネスの道に進んだのか?
どのように人生を変えようとしているのか?
それを説明するためには
僕の過去の物語を振り返る必要があります。

 

自分の主張ができない幼少期〜学生時代

僕が年収1億円を目指す理由は、

結論から言えば、
自己主張が全くできない人生を歩んできたから。
幼少期からめちゃくちゃ消極的で、
自分で「〇〇やりたい」と言ったことがほとんどなかったからです。
さらに、パチンコにどハマりしてしまって、
お金が無いと何にもできないんだなと言うことを
身を持って経験したからです。

僕はかっこいい大人になりたいのです。
そして人生を全力で楽しみたい。
いろんな経験をして、いろんな面白いことをして
今日死んでも良いやと思える人生を送りたい。

今まで我慢してきた分、
これからの人生をお金に困ることなく楽しみたいんです。

これが今の僕の「自己主張」です。

昔はこんなこと口になんて出せませんでした。

 

自己主張がとにかく恥ずかしい。

当時は何か言ったら怒られる。とか
何か言ったら嫌われる。とか

いろいろ考えてしまって、
結局、他人の言っていることに従う。

そんな幼少期〜学生時代を送ってきました。

僕には弟が2人いるのですが、
小学生の時、休日にどこかいきたいなー。と思った時には

自分では親に「どっかいきたいなー」とは言わずに、
弟を通して伝えてました。

僕「ねえねえ、今日どっか行きたくない?」

弟「行きたいー!!!」

僕「じゃあ、お父さんに言ってみて。」

弟「わかった!!」

みたいな感じで自分では伝えず、弟を使っていました。
情けない兄ですw

親にすら自分の言いたいことが言えなかったのです。

母「今日なんか食べたいのある?」

僕「何でも良い」

はい、出ました「何でも良い」w

僕の口癖でした。
自分の意思とかないので「何でも良い」と
言いがちでした。

「普通」とかもですね。

今日学校どうだった?と聞かれても「普通」と答えたり、

晩ご飯どれにする?と聞かれれば「何でも良い」

ハッキリしろよ!と昔の自分に言いたいくらいです。

 

あとは、とにかく授業中に発言するのが苦手でした。

間違えてたらどうしよう。

手上げたくないな。。。

でも手上げないと評価に響くしな。。

上げようかな。上げないかな。。

あああああああ、しょうがねえ上げるしかねえ。

はい。

みたいな感じで意地でも手を上げたくなかったです。
答えが合っていたとしても嫌なんです。
とにかく喋りたくない。
注目を浴びたくないと思ってました。

何でかな?と今考えてみると、
父親があまり喋らない人間なので、
それに影響されたのかなと思います。

そんな分析はどうでもいいんですが、

そんな僕でも唯一、「やりたい!」と思ったのが
「野球」でした。

小学3年生の時、友達がやっていたクラブチームでの
野球の練習の見学に行ったのですが、
そこで野球の楽しさに触れ、その時初めて

「野球やりたい!」

と親に言うことができたのです。

野球は高校まで続けました。
僕の人生は野球で作られていきました。

人間関係。
礼儀。
感謝。
メンタル。
忍耐力。
諦めない気持ち。

全てが今も僕の中で活きています。

野球と出会ってなかったら、
今よりももっとひどい人生を送っていたのではないかなと思います。

 

けど、自分の気持ちを伝えるのは相変わらず苦手でした。
とにかく恥ずかしかったんですよね。

野球の練習では声を出すけど、
私生活、学校生活などでは、全くです。

本当に、全くです。

恋愛でもそうでした。
(おそらく、嫌われたくないがために
誰にでも優しかったのでモテてましたw)
中学生の時は何人かとお付き合いしましたが、
まあ、とにかく続かない。

なぜか?

僕が超消極的だからです。
ただの消極的ではないです。
「超」消極的です。

会話が続かないし、
何もアクションも起こさない。
つまらない人間だったからです。
友達となら楽しく話せるけど、
恋人となると急に緊張して話せなくなってましたね。

「付き合う前の方が楽しかった」
「他に好きな人ができたから」
「なんかペースが合わないから」

女の子の方から告白してくれるのに、
僕が振られるという現象が起きてました。w

そのくらい、自己主張というのがクソ苦手でした。

高校は工業高校だったので、
女子の数は激変し、恋愛とはかけ離れる
部活漬けの日々を送りました。

 

当時は何も思わなかったけど、
今となっては超悔しいですね。

若い貴重な時間を自分の意思を言えず、
我慢する生活を送ってしまった。。。と
後悔のオンパレードです。

やり直せるなら人生本当にやり直したい。。。

けど今は今で楽しいので、
これからを楽しんでいければ良いと思ってます。

とそんな感じで一瞬幸せな時もあり、
悲しいこともありさらに悔しいこともあり
と山あり谷ありの青春時代を送っていました。

残念ながら、
自己主張が苦手なとこは、
高校までには治りませんでした。

なので、
仕事に就く時には、なるべく話をしない仕事にしよう。
ひっそりと金稼ごう。
と思ったのです。

工場でライン工として働くなら、話すことが少なそうだな。
だから工場で働こう。

ということで、面接と勉強を頑張り、条件が良さそうな
大手自動車メーカーの関連会社に就職をしました。

 

就職し社会人となるが…パチンコにハマる。


自己主張できないことに異常なまでの
コンプレックスを感じていた僕は
以前と変わらず喋らなくても何とかやっていけそうな
自動車(ハイブリット車)の電池の製造工場に就職します。

 

最初は仕事に燃えていて、
この会社でだったら何とかやっていけそうだと
考えていました。

仕事の内容はあまり難しくなさそうだし、
職場の人も声をかけてくれて
自分から話しかけなくても話ができるし、
労働時間は長いし、夜勤とかもあるけど
思った通りあまり話さなくて良いしいいじゃん。

と思っていました。

 

そして、初めてのゴールデンウィークに事件は起こります。

「パチンコ行こーぜ!」

高校の友達が言い出しました。

みんな行きたがってるし、
僕も別にいやではなかったから、
みんなで初めてパチンコ屋に行きました。

ウィーン
店内に入ると、

「うるさ。」
「しかもタバコ臭い。」

無理だ。

そう思いました。
実際その時は全くやりませんでした。

 

けど次の日も、友達に誘われまたパチンコ屋へ。

「ちょっとで良いからやったら良いじゃん。」
「みてるだけだと暇でしょ?」

そう言われ、しょうがなく1000円を投入。

まあ、当たるわけないと思って、
さらに投資し続けて4000円入れたその時でした。

「ピコピコピコーン!!!!!」

大当たりを出してしまったのです。

しかも出玉が止まらん止まらん。
合計1万発ほど出してしまったのです。
(1万発=4万円)

ウヒョー、パチンコサイコーヤンケ。

僕は虜になってしまったのです。
そこから僕のパチンコ人生(崩壊)はスタートしました。

 

とにかく休みの日はパチンコ屋通い。

朝、会社に行くよりも早く起きて
店頭に並ぶ。

そして朝から、夜までパチンコを打ちまくる。

というような休日を過ごしていました。

最初は超楽しかったです。
お金がこんな簡単に増えるのかー。
と、いとも簡単にお金が増えるのです。

5000円投資して2時間で5万円回収とかもあったのです。

時給に換算したら2万越えやんけ。
会社で働くよりたのしーわw

 

そんな生活は一瞬で負のループに変わります。

負け始めたら地獄です。

やばい、あと財布の中に1000円しかない。
んー。どうしよう。
使おうかな。使わないかな。
いいや、使っちゃえー!

負けてる時は財布の中の金を全て使うという
やばいことをしてたわけです。

そうして全部使った後家に帰って絶望するわけです。

あー、今日使った3万円他のことに使えたな。
3万円あったら美味いご飯も食べれたのにな。
もうやめよう。

いろいろなことを考えて、
いつもやめようと思うんですが、
そんなことは一切忘れ、次の休みの日には
また、朝一番から店頭に並んでいるのです。

辞めたいのに辞められない。

1年くらいはこうでした。

もうその時には中毒になってました。
当時19歳です。未成年です。

本当に人生終わりだと思いました。

 

将来に絶望〜ネットビジネスに出会う


人生終わりだと思って、
そこでついに本気で将来のことを考え始めたのです。

パチンコ屋にお金を注ぎ込み、
自分の口座にはお金は一生貯まらない。

プライベートでは友達も少なく、
自己主張ができないために遊びも
誘ってもらわないと遊びに行かない。

仕事も工場で太陽の光も浴びず
そんなに仕事が楽しいわけでもない。

夜勤と長時間労働(12時間労働)で働きまくりだし、
上司にこき使われて仕事をしている先輩がいるし、
他の人より頑張って仕事してる先輩の
給料が全く高くないっていう事実も知った。
うつ病になっても職場復帰して、
いつもしょうがなさそうに働いてる先輩もいた。
腰を痛めながらも、働くしかないと
サポーターやコルセットをしてまで働いている人もいた。

先輩は結婚してもお小遣いは月1万くらいだと言ってたし、
逆に結婚しない独身貴族も大量にいた。

マイホームを立ててしまって、
会社から逃れられない先輩もいた。

そんな先輩たちを見ていたら、

将来僕はどうなっていくんだ?
同じように働いてうつ病になって結婚したのはいいけど
マイホーム買って会社から逃げられなくなって
月のお小遣いは1万円??

やってられん!
もう死んでしまおうか。
と考えました。

ですが死ぬに死に切れず、
結局いつも通りの生活を続けるしかなかったのです。

要は逃げ道がなかったんです。

頭はそんなにいいと思ってないし、
自分に何ができるのか?とかも考える余裕がなかった。

けど、このままパチンコ屋通いの生活を
続けるわけにも行かない。

そう考えた僕は、パチンコよりも楽しい趣味を探せば
パチンコを辞められるのではないか?
同じお金を増やす、
稼ぐということをすればいいんじゃないか?

と考えました。

 

そうして副業に取り組んでみようと思い、
(ちなみに会社は副業禁止です)

いろいろ調べていたらある日、
とある男のブログが目にとまりました。

「月収200万円不労で稼ぐ!」
「世界のどこにいてもPC1台で稼ぐ!」

そんなことが書いてありました。

正直、初めてこれを見たときの感想は

働かないで月収200万円???
世界を旅しながら稼ぐ???

超絶怪しいwww
胡散臭い。。。

としか思えませんでした。

しかしうさんくささとは裏腹に
ブログでは割と良いことを言っていたり、
昔はダメダメだったという自分との共通点もあって、
勉強になると思い、情報はチェックしていました。

メルマガに登録していたら、
その男の教材の案内が流れてきて
早速購入。

勉強を開始しました。

ネットビジネスって超絶怪しいことだと思ってたし、
詐欺師かなんかなのかなと思ってましたが、

実際に勉強してみると、超合理的。

ビジネス=問題解決
だと。問題を解決するということは
人に価値を提供しないといけないよ。
人の悩みを解決してあげるのが仕事だよ。

ということを学んで、
ビジネスって超良いことじゃん。
人に価値を提供して、
その対価としてお金をいただく。
こんなに良いことは他にない。

と考え方が改まりました。

今までパチンコ台に投入していたお金を
僕は、自分の頭(知識や情報)に投入するようになった。

将来のためにと貯めていたお金
100万円くらいあったのですが、

全て学びに使いました。

そのほうが効率がいいなと思ったからです。

チマチマ貯金して微量しか貯まらないのなら、
稼げる力を身に付けるためにお金を使って
後から回収すればいいやと考えました。

 

これがネットビジネスと出会ったきっかけ。

 

僕はネットビジネスと出会ってから、
人が変わりました。

いつかやれれば良いなあと思っていたことを
やってしまおうと考え、
1人で海外旅行に行きました。

恥ずかしがって女の子と話もできず、
告白されたのに相手から振られてた
クソつまらない人間で、
パチンコ屋にしか行ってなかった僕
が、です。

1人、初海外旅行です。
場所はイギリスに行きました。🇬🇧

「いつか」できることは今やる。
すぐに行動に移してよかったなと思います。

1人でも十分に楽しかったです。
もう一回行きたいなあー。

 

そして僕の人生の転機は
「ネットビジネス」に出会ったことで訪れたのです。

 

年収6億円のプロモーターとの出会い、人生激変

ある日、家に郵便で真っ黒い封筒が届きました。

差出人はinfotop(インフォトップ)。
僕がネットビジネスに出会った時に登録したASPからだった。
(ASP=アフィリエイトサービスプロパイダ)

ん?なんだ?
こんな黒い封筒届いたことなんてないぞ?
なんかの間違いか?

正直、そう思いました。

しかし、これが僕の人生を変える1通の手紙だったんです。

その内容は
”インフォトップの中で将来性のある方だけをご招待しています。”
”ぜひ、特別講義にご参加ください。”
”こちらのQRコードからLINEの登録をしてください”

という案内でした。

僕は状況が掴めずにいましたが、
とりあえずLINE登録をしてみました。

 

そこで待ってたのが、
年収6億円のプロモーターのMさんだったのです。

 

どんな人物なのかといいますと、

・インフォトップの登録販売者3万人の中から選ばれた特別講師
完全匿名で活動
・自分の商品を持たず年間6億円の”利益”を上げている
時価総額1000億円以上の上場企業のコンサルティング
・劇場公開映画のプロモーションをやったことがある
国策案件にも携わる(マイナンバー普及支援等)
・教え子は「月収30万円のアフィリエイター」から
年収1億円稼いで海外移住に成功

・その他多数の月収100万円プレイヤー、輩出

など、エゲツない方です。

その男の講義を受けてみると、
目からウロコだった。

 

みなさんは今日まで仕掛けられてきました。
今日から仕掛ける側になりましょう!

 

ん??仕掛けられてきた?

僕らは毎日、仕掛けられてたらしいのです。

例えば、「スーパーの特売日」
あれはスーパーの戦略だ。

いつもより値段を下げて販売することで
量を売る。いっぱい売れるからその分利益になる。
という戦略。

あとは、いろんなとこでやってるけど
「期間限定」とかも仕掛けるためにやっている戦略。

期間限定の商品をいつもの商品を並べるだけで、
こそっと売るのと、
期間限定です!と表示するのでは、
全く売り上げが変わってきます。

特に女性は期間限定に弱い。
そういうところも含めて戦略なんです。

全ては「売るための戦略」で、
僕らは仕掛けられていたのです。

特売日にいっぱい買ってますよね?
期間限定の商品買ってますよね?
新商品もついつい買ってないですか?

 

全て仕掛けられています。

 

この仕掛けによって儲けているのは誰ですか?
「仕掛けている側」ですよね。

だからこそ、「仕掛ける側になりましょう!」
ということでした。

仕掛ける側か…
考えたことなかったな。
これからは仕掛ける側で頑張るか!

 

その男は世の中の悪徳業者や詐欺師を嫌い、
「全ては顧客のために」という理念を持っている
100%顧客思いの男だった。

僕はこれまで、こんなにも顧客こと(相手のこと)を
考えている人とは出会ったことがなかった。

 

この人は本物だ。
この人から学べば本気で人生変わるかも。
よっしゃああああああ!!
やってやるううううう!!

 

僕はその男のもとで猛勉強をした。

活字なんて縁がなかったけど
本を読むようになり、
超リサーチしたり、
顧客の悩みを洗い出しセールスレターを書いたり…

全てが刺激的で、めーっちゃ楽しい。

なんというか、
日々、自分がレベルアップしている感じ?

1ヶ月前にできなかったことが
今はできるようになっている。
新しいことを学べている。
知識として頭に入れたことを実践できてる。

ビジネスの勉強は超面白いです。

生きていく上で重要なことは
全て学べるのではないかと思います。

知識の習得、人との接し方、マインドセット、
情報に投資することの重要性、
お金の稼ぎ方、自己成長の方法…etc

勉強することでパワーアップ
→利益が生まれる
→その利益を勉強に使ってさらなる利益を生む。

この好循環ループに入ることで、
利益はどんどん上がっていきます。

昔の自分では一生会えないような人物に出会えたり、
人生が超楽しくなります。

 

 

最後に、僕がこのブログで発信している理由

このブログのコンセプトはこれです↓

クソつまらない人生でも、
「自分」で幸せになれる。

これを身をもって証明するために
このブログをやっています。

これは、自己主張がなかなか出来ずに
もがき苦しみ、さらには人生に絶望していた僕が
1番言ってもらいたかった言葉です。

何そのくらいでクヨクヨしてんだよ!
自分で幸せを掴み取れや!
と思いっきり怒られたかったです。

 

自分の意見をなかなか言い出せず、
結局、自分が我慢をする。

話すのがとにかく苦手。
コミュ障すぎてなんとかしたい。

学生の時はバリバリスポーツやってて充実してたけど
社会人になって楽しくなくなり、生きている意味を見失った。

友達が少なく、あまり遊びにもいかず
仕事が休みの日はパチンコ屋で時間と金を失う。

お金の大切さ、時間の大切さに気づいた。
お金は何より大事だ。

仕事では将来、自分がなるであろう先輩の姿を見て
期待とは違った「現実」に気づかされ、
将来への不安が溜まっていく。

本当にこの仕事が、
誰かの役に立っているのだろうか。

誰のために仕事をしているのか。
それがわからない。

なんのために生まれてきたのか?
なんのために生きるのか?

どう生きればいいのか?

とにかく仕事がつまらない。
やりがいを全く感じない。
お金も欲しい。
時間も欲しい。
どうすればいいんだ?

これからの人生どうなっていくんだ。
真っ暗で前が見えない。

↑共感した方は同志です。

これは実際に僕が
悩んでいる、悩んでいたことです。

なんのために生きるのか?
この悩みは解決できることはないと思っています。

ただ、1つ。こうではないかな?と
僕なりに、考えに考え抜いたことがあります。

 

自分の幸せのために生きればいいんじゃないか?
という結論です。

 

昔はコンプレックスに苦しみ、
悔しい思いもした。
人生に絶望した時もあった。

結局その時をどう思ってるかなんて
自分次第なのです。

コンプレックスを持っていても人生楽しそうな人もいる。
パチンコを人生を楽しむための手段としてやっている人もいる。
対面での自己主張が苦手だから、文字で表現する人もいる。
他人がこの人は絶望的な状態だと思っていても
当の本人は全く気にしてないむしろ前向きってこともある。

僕が昔思っていたことも他の人がその状況にいたら
考え方が違っていたかもしれない。

けど、僕は全然前向きにはなれなかった。
それだけの違いです。

どう思うかは「自分」なのです。

自分がやりたいことがあればやれば良いし、
自分が他の人のために働きたいと思うなら
他人のために全力を尽くせば良い。
仕事を辞めたいのならやめれば良い。

自分を貫き通そうとすると反対されることもあります。
僕もありました。

この文章をみているあなたは、
この文章を見て嫌な思いをするかもしれない。
逆にこの文章を見て「なんだこいつ!納得できる。」
と思うかもしれない。

これは個人の主観なので僕にはわかりません。

けど少しでも人生がつまらないと思っている人に
届いたら良いなと思ってここまで書いてきました。

 

最初にも言いましたが、
僕は人生を通して、
「かっこいい大人になりたい」という思いがあります。

そしてそれを達成するために、
「年収1億円を稼ぐ」という目標があります。

で最終的には、
「今日死んでも良いや」
と思える人生を送りたいと思っています。

この目標を達成するためなら、
どんなに人に笑われても良い。
どんなに人から嫌われても良い。
どんなに批判されても良い。

それくらいの気持ちがあります。

 

ちなみにお金を稼ぐ理由は、一言で言ってしまうと
「選択肢を増やすため」です。

日本ではお金がないと何もできません。
綺麗事が嫌いなのでハッキリ言いますが、
お金は大事です。

ご飯を食べるにしても、服を着るにしても、
お風呂でゆっくりするにしても、
どこかに移動するにしてもお金はかかります。

どういう物を食べるか?
どういう服を着るか?
どういうお風呂に入るか?
どういう交通手段で移動するか?

これはお金があれば選択できます。

お金で時間を買うこともできます。

沖縄に行くために飛行機で行くのか?
徒歩で行くのか?

お金が一銭もなければ徒歩しか選択できませんよね。
しかも徒歩だとめっちゃ時間がかかります。
体力も消耗します。

しかしお金があれば飛行機に乗って沖縄に行けます。

徒歩で到着する時間、飛行機を使ったときの時間
どっちが早いかは一目瞭然ですよね。

お金があると選択肢が増えるということは
こういうことです。

1番大事な自分の時間を自由に使えるようにするためにも
お金を稼ぐことは鬼大事です。

なので金を稼ぎます。

 

昔の僕のように悶々としていて、
人生つまんねーなって人は、
まずお金を稼げるようになる。
これが1番です。

今言ったことの他にも、
お金があれば
世界中どこにでも冒険しに行くことができますし
女の子とも遊びまくれます。
うまい酒も飲めるし、
美味しいご飯だって食べることができます。

一気に人生の選択肢が増えるので
ワクワクするはずです。

とまあ、お金お金した話はまた別の機会に
話そうと思うので興味がある人は見てください。

 

最後に、このブログの目的を言うと、
クソつまらない人生でも「自分」で幸せになる。
と言うことを身をもって証明する。ということです。

ブログはその成長記録です。
世の中にアウトプットすることで
より考えを深めたり、行動の原動力としています。

なので、このブログを見ている方が
どうするかは自由です。

つまらない日々から抜け出したい人は
僕から知識やスキルを盗めば良いですし、
メルマガに登録してみるでも良いと思います。

さらに学びたい人は
有料ですが、僕が年収6億円稼ぐMさんから教えてもらった
知識やスキルが学べる機会も用意しています。

ビジネスに興味がなくても、
単純に暇つぶしでも良いと思います。
こいつおもしれーなーくらいで
思ってもらえたら嬉しいです。

もちろん、僕のことを
馬鹿にしたり批判してくれてもいいです。
そのエネルギーをガソリンにして
ガンガン進むので。
かかってこいやって感じです。

僕は、年収1億円達成すること
に向かって突き進むのみです。

 

僕から知識を盗み取りたい人は
メルマガを読んでください。

無料だし、飽きたら
配信解除もできます。

メルマガでは、僕自身の経験から
学んだことはもちろん、

年収6億の男から学んだこと、
不労で稼ぐ世界を旅する経営者から学んだこと
などビジネスの本質が学べるようになっています。

 

本当に最後にこれだけ言っておきます。

「自分」の人生を変えることができるのは
「自分」だけです。

これは僕が、
身をもって証明していきます。

今後も楽しみにしていてください。

ではメルマガでお会いしましょう。

メルマガ登録ページは
こちらをクリックで飛べます。